施術法の違い

看護師

再発の可能性がある

ほくろは健康に害を及ぼすことはほとんどありませんが、外観上の問題として大きな悩みにつながることがあります。特に顔などは目につきやすい部分ですし、衣類で隠すこともできないので場所や大きさなどによっては、切除したいと感じるかもしれません。今まではくりぬき法など周囲の組織と一緒に切除する方法が多く行われてきましたが、最近では炭酸ガスレーザーを用いてほくろがある部位だけを取り除く方法が主流です。炭酸ガスレーザーは組織中の水分に吸収されて、その際に発する熱によって組織を気化、蒸散します。その際には血管からの出血を止血させる作用もあるので、切除術を行いながらも出血をほとんどさせずに終了できます。ほくろの治療は皮膚科などでも行えますが、見た目が気になって施術を受ける場合には仕上がりの良い美容整形外科を利用することをおすすめします。皮膚科で行われる治療法にもいろいろなものがありますが、メスを使って切除する方法を行っているところもあります。これは炭酸ガスレーザーの機器が揃っていないところでは、メスを使って切除する方法しか行えないためです。そのためほくろの数が多い場合などはひとつひとつメスで切り取らなくてはならず、時間がかかったり傷跡が目立ってしまったりすることがあります。それに比べて美容整形外科では最新の機器が揃っていることが多いので、体に負担の少ない方法で施術が受けられます。仕上がりにこだわって治療を受けたいと言う希望がある時には皮膚科よりも美容整形外科を選ぶと間違いないでしょう。ほくろの治療で大切なことは、ただ単にほくろをとれば良いというわけではないということです。外観上の問題があって取り除く時には、ほくろがなくなるだけでなくその後の肌の状態をよくしなくてはいけません。そのためには傷跡が残りにくい治療法が行える場所を探すことが大切です。もうひとつ忘れてはいけないことは、ほくろは再発をする可能性があるということです。皮膚に色がついているのは、皮膚の内部の組織であるメラニン色素が濃い色をつけているためなので、皮膚を切除するだけではまたすぐにほくろができてしまいます。色をつける原因となっている部位も同時に切除しなくてはいけないので、予想よりも深く削り取ることもあります。周囲の皮膚を余分に大きめに切り取ることができれば、それだけ再発の可能性は少なくなりますが、傷跡が目立ってしまうというデメリットがでてきます。切除する場所や大きさによっては再発をしてもかまわないので、できるだけ小さく切り取る施術を希望する人もいます。再発をした場合には再度施術を受けるか、そのままにしておくかの選択になります。再発をしても仕方ないと思えるのであれば、できるだけ傷跡が目立たない方法が適しているでしょう。患部の状態によってどちらを選択したほうが良いのかは変わってくるので、医師の診察を受けた時に再発のことについても質問して考えておきます。いろいろな治療法がありますが、それぞれに良さがあるのでしっかりと考えて治療法を選び、医師のアドバイスも取り入れて決めるようにしましょう。

Copyright© 2019 ほくろが気になってしまうなら取ろう【除去したい場合には美容整形】 All Rights Reserved.