1回で皮膚を綺麗にできる

顔に触れる女性

患部を取り除く治療がある

顔にできているほくろは気になるもので、除去したい場合には美容整形でできます。美容整形の中にはほくろを切除してくれる治療が用意してあるところがあり、いくつかの施術内容の中から選べます。特にほくろが小さいものならば、電気メスを使用して簡単に取り除けます。美容整形では施術の前にカウンセリングをして、医者が患者の症状を確認します。取り除きたい患部を検査して、大きさを計ることで適切な施術の提案を行います。患者は医者から提案された方法で納得できたときに、はじめて契約が成立しますので安心して治療を開始できます。電気メスや医療用レーザーを使って除去する場合の費用は、1万円ほどが目安です。一般的に5cmよりも大きいものを取り除くときは切除法を選択することになり、料金の相場は3〜5万円ほどです。大きさは個人ごとに違いますし、クリニックによって料金の設定に違いがあるために、予め調べておくと安心です。カウンセリングでいくら程度の費用がかかるのか質問するのも良い方法で、自分の症状ならばどれぐらいの費用がかかるのか医者に診断してもらえます。小さいものならば医療用レーザーで切除できるので、本格的な治療は1回だけで終わります。何度もクリニックに通わなくて良いために、施術の評判は悪くありません。切除法で取り除いたときはメスを使っているために、抜糸のために再び来院することになります。それでも数回程度クリニックを訪れて、医者に治療を受けた患部の状態を診てもらう程度なので、それほど負担の大きい施術ではありません。ほくろはウイルスが原因のものや、皮脂腺の問題でできることが多いです。皮脂がメラニンの影響を受けてほくろができることもあり、その場合には1〜2cmほどの大きさになるのが一般的です。美容整形で受けられるほくろを取る治療は、簡単な方法では電気分解法があります。電気メスを使う要領で行われる施術で、熱を当てることで細胞を焼いて皮膚を綺麗にします。電気メスを当てた部分は数日の間はかさぶたができますが、それが完治する頃にはほくろが取り除かれています。個人ごとの患部の大きさで、1回にかかる施術時間に違いがありますが、平均的には数分しかかかりません。施術を受けた後は保護テープを貼って過ごします。次の日からは取り換え用の保護テープを使用して生活すれば、大きく日常に影響が出ることはありません。数分で施術を終えて、その後のダウンタイムも無いために気軽に受けられる美容整形の一種と言えます。かさぶたは施術をしてから2〜3週間ぐらいで取れますが、一定期間は患部に赤みが現れることがあります。総合的に3か月〜半年ほどの期間をかけて、皮膚を綺麗な状態にする美容施術です。切除法はほくろが大きいときに用いる施術で、1回で綺麗に取ることが可能です。切除法でも施術には数分しかかからないですし、翌日からは洗顔やメイクを普通に行えます。電気分解法との違いは縫合しているので、抜糸のためにクリニックに行く必要がある点です。切除法もしばらく治療箇所の皮膚が赤くなりますが、3か月程度経過すれば症状は落ち着きます。

他の治療とは違う治療

顔に触れる女性

もしこれからほくろを取りたいというのであれば、治療後の注意点にまで気を付けておきましょう。実は日常生活の中でもアフターケアは自分で行うので、それなりに手間がかかります。また、事前に申し込みも必要になります。

詳しく見る

施術法の違い

看護師

ほくろの治療法として主流になっているのが炭酸ガスレーザーを使った治療法で仕上がりが良く、美容整形外科で良く使われています。しかしほくろは再発をする可能性があるものなので、施術法を比較して後悔のないよう慎重に決めましょう。

詳しく見る

人気の理由と知りたい情報

女性

やっぱり見た目が気になることや、悪い印象の肌をきれいにするために美容皮膚科でほくろ除去を受ける人が増えています。基本的にレーザーを行うことが多いですが、深いものになるとメスを使う治療も出てくるのです。

詳しく見る

Copyright© 2019 ほくろが気になってしまうなら取ろう【除去したい場合には美容整形】 All Rights Reserved.